ビジネスフォンの故障?電話が「不通」になる原因と対処法

当サイトではビジネスフォンの故障にまつわる様々なトラブルの原因と対処法をご紹介していますが、今回は完全な故障「不通」になるケース

ビジネスフォンの故障といえば、ノイズが入る、通話が途切れる、液晶モニタが表示されないなどが挙げられますが、完全に「不通」状態になってしまうケースがあります。

ということで、ここからはビジネスフォンが完全に「不通」になる原因と対処法をご紹介いたします。

1、ビジネスフォンが壊れた?「不通」になる原因と対処法

ビジネスフォンが壊れた?「不通」になる原因と対処法
ビジネスフォンはもちろん、家庭用電話機やスマホでも「不通」になるのはただ事ではないですよね。

まず、「専用電話機+主装置(PBX)」の組み合わせがビジネスフォンであり、電話機だけ用意しても電話はできません。
主装置は「PBX」とも呼ばれ、NTT局舎の交換機の役割を果たす、オフィス用の小型電話交換機。その内部には、外線ユニットや内線ユニット、外部ユニットなどの基盤が組み込まれ、ビジネスフォンシステムの頭脳に当たる重要な機器になります。

オフィスにひかり電話を導入する際は、以下のように配線され通話ができる状態になります。
➀ONU(回線終端装置)→ 主装置→
➁モジュラーケーブル → ローゼット→
➂モジュラーケーブル(機ヒモ)→ 専用電話機

このように、ビジネスフォンの仕組みを理解していただいたところで、完全な故障といえる「不通」になってしまう原因を考えていきましょう。

ビジネスフォンが「不通」になる原因と対処法

まず、突然ビジネスフォンが不通状態になった場合、自分の電話機だけなのか、他の電話機も同様に不通状態になっているのか、周囲の状況確認から始めます

1台のみ不通になっている場合

そこで、自分の電話機だけなら、以下の原因が考えられます。

  • ローゼットから電話機までの機ヒモ(モジュラーケーブル)の断線または接続不良
  • 電話機本体の故障

自分の電話機のみ不通状態になっているなら、まずローゼットから電話機までの機ヒモ(モジュラーケーブル)が断線していないか確認して、断線しているようならケーブルを交換します。また、モジュラージャックの接触不良も考えられるので、一度抜いて再度しっかり挿し込み直してみましょう。

それでも不通状態が続くようなら、電話機本体の故障が濃厚です。
確認のため、別の電話機を接続して使える状態であれば、電話機自体を修理に出す、もしくは交換する必要があります。

複数台もしくは全ての電話機が不通の場合

次に、自分の電話機だけでなく周囲の複数の電話機、または全ての電話機が不通になっている場合は、以下の原因が挙げられます。

  • ローゼットの故障または主装置からローゼットまでの配線の断線
  • 主装置本体または内線ユニットの故障

まず、自分のデスクの周辺の電話機で同じように不通状態になっている場合は、ローゼットの故障・接触不良や、主装置の内線ユニットの障害、または主装置からローゼットまでのモジュラーケーブルの断線が考えられます。

さらに、全ての電話機が不通になっている場合は、まず主装置に問題があるといえます。
主装置の電源が入っているか確認して、念のためにONU(回線終端装置)の電源も確認が必要。また、周辺で落雷があったときも、稀に主装置が故障するケースがあります。

以上の対処をして不通状態が続くようなら、素人では原因究明や対処は無理なので、早急に電話工事業者に依頼して対応してもらいましょう。

2、まとめ

電話機の不通は何もできない状態を指し、ビジネスフォンで不通になる故障が起こったら一大事ですよね。

そうそう不通になるような故障は発生しないといえますが、万一発生した場合はまず冷静に周囲を見て自分の電話機だけなのか、他の電話機も不通になっているのか状況を把握しましょう。

そこで、自分の電話機だけなら、配線を確認して問題なければ、電話機自体の故障が濃厚なので、修理または交換が必要になります。
次に、周囲の複数台の電話機、最悪すべての電話機が不通状態になっている場合は、主装置に問題が発生していると考えられます。

主装置の電源が入っていて不通状態になっている場合は、即座に工事業者に電話して早急に技術員を派遣してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です