ビジネスフォンの故障?「液晶モニター」が表示されない原因と対処法

当サイトはビシネスフォンの様々な故障の原因と簡易的な対処法をご紹介していますが、今回は「液晶モニター」の故障です。

ビジネスフォンの液晶モニターは色々な情報が表示され、電話するとき必ず見ますよね。また、日付や時計も表示されるので、時計代わりにしている方も多いのではないでしょうか。

その液晶モニターの表示が突然消えたらどうしますか?
ということで、ここからはビジネスフォンの「液晶モニター」の表示が消えるといった故障の原因と簡易的な対処法をご紹介いたします。

1、ビジネスフォンの「液晶モニター」の故障原因と対処法

ビジネスフォンの「液晶モニター」の故障原因と対処法
ビジネスフォンの液晶モニターには、日付や時間の他にも、外線番号や内線番号、短縮番号なども表示されます。

中でもナンバーディスプレイは重要な表示項目。簡単には、電話を着信したとき、相手の電話番号を表示してくれる機能です。これはビジネスフォンの標準機能ではなく、NTT東日本・NTT西日本の電話の付加サービスになります。

ちなみに、同様の電話サービスを行っているソフトバンク回線は「番号表示サービス」、KDDI回線は「発信番号表示」と呼ばれています。

このように様々な情報を表示してくれる液晶モニターが消えた!となれば一大事ですよね。

そこで、まずビジネスフォンの仕組みを理解しておくのが先決。
ビジネスフォンは「専用電話機+主装置(PBX)」の組み合わせをセットで利用することで通話ができ、液晶モニターも表示されます。

主装置(PBX)とは、小型の電話交換機のこと。筐体内には様々なユニットと呼ばれる基盤が組み込まれ、電話を制御する役割を果たしています。

次に、配線の仕組みについては、一般的に以下のように接続されます。
➀電話回線の引込口 → 主装置→
➁モジュラーケーブル → ローゼット→
➂モジュラーケーブル(機ヒモ)→ 専用電話機

➁のローゼットとは、主装置からの配線を各電話機に分岐するための小型機器になります。

「液晶モニター」が消えた!その原因と対処法

ビジネスフォンの仕組みを簡単にご理解いただき、液晶モニターの表示が消える故障の原因を考えていきましょう。

液晶モニターの表示が消えるトラブルが発生したとき、まず周囲を見て自分の電話機1台だけなのか、すべての電話機の表示が消えているかの状況把握が必要。この違いで対処法が異なります。

自分の電話機1台だけ液晶モニターが消えた場合

1台だけ液晶モニターの表示が消えた場合、先程説明した「➂モジュラーケーブル(機ヒモ)→ 専用電話機」に問題がある可能性が大です。

そこで、表示が消えた電話機に繋がっているケーブルを一度ジャックから抜いて、汚れが無いか確認した後、再度カチッとしっかりジャックに挿し直してみます。ローゼット部分も可能であれば同様で一度挿し直してみましょう。

さらに、ローゼットから電話機までの機ヒモを見て、ネジ曲がっていないか破損はないか確認して、明らかに破損している場合は交換が必要です。

ここまでして症状が改善されないときは、受話器を置いた状態で主装置の電源をOFFにして、5分~10分程度待って電源を入れ直し見てください。大抵の場合はこの操作で問題は解消されるはずです。

すべての電話機の液晶モニターが消えた場合

まず、すべての電話機の液晶モニターの表示が消えた場合は、完全に主装置に問題があります。

こつらも、主装置の電源を1度OFFにして、10分程度待ってから電源を入れ直してください。
また、「➀電話回線の引込口→ 主装置」を接続しているケーブルも念のために確認してみましょう。

それでも問題が解消されないときは、主装置の本体もしくは内部のユニットの故障が考えられ、この対処は素人ではお手上げなので、早急に工事業者に技術員の派遣を依頼しましょう。

ちなみに、自分の電話機を含めて周囲の数台同じ症状が発生している場合は、「➁主装置→モジュラーケーブル→ローゼット」のモジュラーケーブルが破損しているか、ローゼットが壊れた可能性があり、こちらも素人では対処できないので、工事業者に依頼くてください。

ビジネスフォンの液晶モニター表示が消えた場合、発信着信ともに困ってしまうので、ご紹介した簡易的な対処を行い、改善されないときは早急に工事業者に依頼して対応してもらいましょう。

2、まとめ

ビジネスフォンの顔ともいえる液晶モニターの表示が消えると何も情報が見られなくなるので、業務に支障をきたしてしまいます。

万一液晶モニターが消えた!というときは、まず周囲を見て1台のみなのか、すべての電話機なのか、または周囲の数台なのか、発生している状況を把握するのが先決。発生するパターンによって対処する方法に違いがあるので、まずは慌てずに状況把握をしてください。

基本として、挿し込んであるケーブルを1度抜いて、汚れや破損がないか確認してカチッとしっかり挿し直すことから始めましょう。
それでも改善されないときは、主装置を電源OFFにして、5~10分待って電源を入れ直せば、大抵の症状は改善されるはず

それで駄目なら、無理に自分たちで修理しようとせずに素直に工事業者に対応を依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です